微笑むおばあちゃん

変形性膝関節症を予防する方法|サプリメントでイキイキ生活

軟骨の摩耗により発症

栄養剤

膝に強い痛み

膝関節の表面は軟骨によって覆われており、その軟骨が膝に来る衝撃を和らげたり関節の動きをスムーズにしています。しかし、年を取るにつれて軟骨が摩耗して変形性膝関節症を発生することがあります。変形性膝関節症とは膝に炎症を起こし歩く時、立ち上がる時、階段を昇り降りする時などに強い痛みが生じたり、膝関節の可動域が狭まり生活に支障をきたします。さらに症状が悪化すると安静時でも痛みが生じ、骨の変形がさらに進み歩行が困難になってしまいます。加齢以外では肥満、運動不足、歩く姿勢が悪いことなども原因になります。一度変形性膝関節症になると元に戻すことは大変困難ですが、悪化の予防や治療で歩行が楽になるように改善することは可能です。

予防や改善は可能

変形膝関節症の治療方法はレントゲンやMRIで膝の検査をした後、痛み止めの薬を使ったり膝にヒアルロン酸注射を打ったりまたは膝の機能を回復させるためのリハビリテーションを行います。これらの治療方法で改善が見られない場合は手術をすることもあります。しかし、変形膝関節症になる前にもしくは悪化する前に日常生活を改善することによって予防することができます。肥満の人は体重を減らして膝に負担をかけないようにしたり、太ももの筋肉を鍛えたり、ウォーキングなどで膝を鍛えたり、正座を避けるなど膝に負担をかけない生活を心がけることなどが大切です。また、最近注目されているのがサプリメントの摂取です。軟骨に含まれている成分であるグルコサミンやコンドロイチン配合のサプリは膝の炎症を抑えて痛みを軽減したり、変形性膝関節症を和らげる働きを期待できます。