微笑むおばあちゃん

変形性膝関節症を予防する方法|サプリメントでイキイキ生活

鍵を握るグルコサミン

ひざ

すり減った軟骨が原因

高齢者の増加と伴に増えているのが、変形性膝関節症の患者数です。50代を過ぎると変形性膝関節症となるリスクが急に高まり、多くの方が膝の痛みに悩まされています。変形性膝関節症を予防改善するためには、まず変形性膝関節症の発症原因を知ることが重要です。変形性膝関節症となる直接の原因は、軟骨がすり減ってしまっていることです。関節のクッションの役割を果たしている軟骨がきちんと機能していないため、関節同士がぶつかり合います。ぶつかり合うことで関節が炎症を起こすほか、砕けた骨片が神経を刺激してしまい痛みを引き起こしているのです。軟骨がすり減る原因は、加齢による体内のグルコサミンの減少です。サプルメントでグルコサミンを摂ることで、減少する体内のグルコサミンを補うことができます。

サプリメントで補おう

50歳を過ぎると変形性膝関節症となるリスクが高まるのは、50歳を過ぎると体内のグルコサミンの減少量が大幅に高まるためです。体内のグルコサミンは、20歳前後をピークに減少し始めます。それが50歳前後になると減少幅が大きくなり、すり減った軟骨を再生できなくなってしまうのです。そのため、変形性膝関節症を予防改善するためには、減少する体内のグルコサミン以上に体外からグルコサミンを摂ることが重要となります。様々な医療実験により、1日1500mgのグルコサミンを3年間摂取し続けることで、変形性膝関節症を予防改善できることが分かっています。その上、単に膝の痛みを改善できるだけではなく、膝の機能そのものが向上することも判明しています。1日1500mgのグルコサミンをサプルメントで摂り、変形性膝関節症を予防改善してみてはいかがでしょうか。