笑顔の婦人

変形性膝関節症を予防する方法|サプリメントでイキイキ生活

軟骨の摩耗により発症

栄養剤

膝の関節の軟骨が加齢などの理由によって摩耗し、膝が衝撃を吸収できなくなり歩行時などに強い痛みが生じるのが変形性膝関節症です。完治は困難ですが太ももを鍛えたり、ウォーキングをして膝を鍛えたり、軟骨の炎症を抑えて痛みを和らげる効果のあるグルコサミンなどを配合したサプリの摂取で改善をすることができます。

詳細を確認する

鍵を握るグルコサミン

ひざ

変形性膝関節症の原因は、軟骨がすり減ってしまうことにあります。50歳を過ぎると体内のグルコサミンが大幅に減少し、軟骨が再生できなくなってしまうのです。変形性膝関節症を予防改善するためには、サプリメントでグルコサミンを補うことが重要です。

詳細を確認する

関節軟骨の健康を保つ

2人の女性

原因と最近の傾向

高齢者に多く発症する膝の疾患に、変形性膝関節症があります。この疾患は膝関節の関節軟骨が磨り減ることによって起こるもので、膝の痛みや変形などが症状として現れます。中年頃から発症しやすくなり、65歳ごろになると急激に患者数が増加すると言われています。主な原因は加齢、肥満、筋力の低下などですが、過去に膝に怪我を負ったことがある場合には、変形性膝関節症を発症するリスクが高くなります。関節軟骨が磨り減る原因は、加齢によって関節軟骨を構成する成分が体内で合成されなくなってくるためです。関節軟骨を構成する成分は、そのままの形で食事などから摂取することが難しいとされており、別の栄養素を摂取してそれを材料として体内で関節軟骨に必要な成分を合成するかたちになります。最近は飽食の時代であるにも関わらず、若者を中心に栄養不足が問題となっています。そのため、関節軟骨に必要な栄養素を摂取できていない人も増加しており、変形性膝関節症の発症の低年齢化や患者数増加が起こるものと考えられます。

食事とサプリメント

変形性膝関節症を予防するためには、食事の改善と適度な運動が必要不可欠です。最近は、好きなものを好きな時に食べられるようになっているため、栄養のバランスが非常に悪くなっています。なので、食事の改善を行うことで関節軟骨の健康を保つことができます。単なる偏食というわけではなく、仕事などで多忙なために食事が疎かになっている場合であれば、サプリメントで足りない栄養素を補うのも良いでしょう。膝関節に効果的だとして販売されているサプリメントであれば、膝関節に良い様々な栄養素が含まれているため大変便利です。膝関節に良いと言われているのは、コンドロイチン、グルコサミン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどです。これに加えて、タンパク質やビタミンB、ビタミンCなども一緒に摂取すると良いでしょう。

軟骨修復と筋肉強化が大事

関節

膝関節は軟骨や筋肉によって守られていますが、年を取ると軟骨はすり減り筋肉は衰えてくるため、変形性膝関節症になりやすくなります。そこで、適度な運動で筋肉量を復活させつつ、サプリでコンドロイチンやグルコサミンなどを摂ると変形性膝関節症の予防や改善に役立ちます。

詳細を確認する